おとふぃるってこんなところ

「豊かな感性」
「考える力」

乳幼児期の柔らかい身体と心は五感を通して急激に発達します。この時期に音楽を通じて前頭前野と多くの感覚を刺激することは、赤ちゃんの潜在能力を最大限に伸ばすために大切な栄養です。特に「聴覚」を意識して刺激することで、「集中力」「想像力」「思考力」さらに「心を響き合わせる喜び」を身につけます。丁寧に育みたい乳幼児期に「音楽の魔法」で「非認知能力」の土台を構築して行きます。

ダルクローズメソッドの
体系的カリキュラム

スイスの作曲家、音楽教育家のエミール=ジャック・ダルクローズ の教育法による理論と技術を実践し、乳幼児期から体系的に学習できるダルクローズ ・メソッドに基づくカリキュラムです。
乳児期から特に「よいリズム」を身に付け、心と身体を整え、楽器をはじめる前に必要な基礎的なリズム感音感表現など音楽の基礎を楽しく身に付けます。グランドピアノ使用。

 

徹底した少人数制
選べる リアルとオンライン

安全に継続していただけるよう、広いコンサートホールでの少人数限定対面レッスンと、おうちで安心して学習できるオンラインコース。ご自由に選択していただけるシステムです。 月齢が小さければ小さいほど、その日のお顔や様子を見ながら、声やピアノの音色を合わせる重要性を実感しています。これも少人数だからこそ。お一人おひとりお母さんやお父さんとチームでお子さまをサポートします。

ごあいさつ

小さな身体と心のご成長には、パパとママのたっぷりの愛情と、楽しい音楽の栄養が何より大切。
音楽を「(じて)」心が「(き)」、「感動」がうまれます。音楽を通して心も身体も調和して、笑顔溢れる幸せなひとときをお届けできますように!!!

そんな願いを込めて、自由が丘「音のみるふぃーゆ」の系列教室として、代官山に0歳からのおやこのためのダルクローズ リトミック教室「おとふぃる」(音のふぃるはーもにー)を立ち上げました。

ひとりひとり持っている、素晴らしい個性を最大限引き出して自己実現できる土台を作るために、ご家族とチームになってサポートしていくことが願いです。

始めたきっかけ

17年間の指導から感じた「今しかできないこと」


これまで、リトミック講師として17年。また各地でのコンサートや、小学校、幼稚園の授業で多くの親御さまとお子さまたちのご成長に長いスパンで関わらせていただき、乳幼児期から親子での音楽体験がどれほど将来のご成長に大きな影響と効果を与えるかを肌で感じてきました。

仕事を続けながら習い事も無理なく長く継続したい!」「平日の昼間の習い事ができない」「普段持てない子どもとの時間を楽しみながら、成長を感じたい」という多くのご要望をいただき、私たちは週末のクラスの構想を練っていました。
そんな最中の予期せぬ新しい日常。それでも!「一刻も待ってくれない大切なお子さまのご成長を逃さずに安全、安心のレッスンをご提供したい!」という強い想いから、今だからこそできる0歳からのリトミック教室「おとふぃる」の開講に至りました。

日曜日開催の対面レッスンは、極少人数(期間限定)形式で広いスタジオにゆとりのスペースなので、ご家族で安心して定期的に通っていただけます。

同時開講のオンラインコースは、海外転勤や、遠方の方、また通うのが難しい方でもリラックスしてご継続していただけるように。また、認可保育園をお休みしなくていいように平日午後の時間設定にしました。(詳しくは「クラスについて」をご覧ください)どちらでも、ご自身のスタイルに合わせてお選び下さい。


「おとふぃる 」のレッスンは、お子さまの可愛い笑顔と楽しい音楽で、ご家族みんなの笑顔で元気をチャージできる。そんな瞬間を大切ににしています。

3歳までに確かな音楽の栄養をたっぷり吸い込んで、どんな時も、笑顔でリズムカルに生き抜く力の源となりますように!

これからもみさまと共に成長していきたいと思っています!どうぞよろしくお願いいたします。
 

系列校について

ピアノ講師の仙田麗子先生(当教室スペシャルアドバイザー)が主宰するリトミック研究センター認定教室の「音のみるふぃーゆ」

千枚の葉っぱを重ねるという意味をもつミルフィーユ。その名の通り、目に見えないほど小さな積み重ねを大事にし、自由が丘で多くの生徒さんに愛されています。
麗子先生とともに、開講当初より、1歳から幼稚園、そして小学生クラスのリトミック全般担当しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

ピアノ講師、リトミック講師としてななえ先生とタッグを組んで早15年、自由が丘という幼児教室が多い環境にも関わらず、「音のみるふぃーゆ」を継続、維持できているのは、一生懸命通い続けてくださる生徒さんたちの想いに応えるべく、ななえ先生が並々ならぬ愛情と熱い気持ちを注いできたからに他なりません。

この度満を持して週末のクラス。小さなお子様に特化した系列のリトミック教室が開催されることになり、なによりも喜んでいるのは間違いなくこの私です。

リトミックから無理なくピアノ教育に繋げていく主旨である「音のみるふぃーゆ」とは一味違う、リトミックの国際免許をお持ちだからこそ可能であろうななえ先生オリジナルの リトミック教育、しかも少人数制!なんて贅沢!! このお教室で楽しくご継続頂いたその先には、確実にリズム感、音楽感覚が身に付き、音楽学習のみならずスポーツや趣味などに活かせることで、心も身体も大きく成長される事でしょう。
仙田 麗子
スペシャルアドバイザー

ダルクローズ ・リトミック国際ライセンスとは

 

リトミックを考案した、ダルクローズ 自身が定めた唯一のライセンスとして、リトミックを教える事ができる正式な「指導者資格」が「ダルクローズ・リトミック国際ライセンス」です。

これは、ダルクローズにより設立された「Institute Jaques-Dalcroze」(スイス・ジュネーブ)とその認可を受けた世界数カ所の学校でのみ取得が可能です。

数年前から日本でも「日本ジャック=ダルクローズ協会」が正式な許可を受け、制度の運営と免許の発行を行える機関となりました。国際ライセンス(エレメンタリー)は、ライセンス以上の登録講師が指導する講座を150時間以上履修し、初めて受験資格の基準を満たします。
年に一度、国立音大にて行われる試験(リトミック・即興・ソルフェージュの3科目、実技通過後の論文提出)を受験して得られる大変難しい資格と言われています。日本で国際ライセンス(エレメンタリー)を持っている方は90名とまだまだ少ないというのが現状です。

受験に際して、国内外の多くの尊敬する先生方に直接ご指導を仰ぎ、多くの励まし合う仲間に出逢えたことが何よりの財産です。
みなさまに、より良いレッスンをお届けできるよう、まだまだ勉強は続きます💦